saki_kunst

View this post on Instagram

Banana & Apple A. M. (5yearsold/Boy🙎) Watercolor, Colorpaper バナナとりんご。 5歳のAくん。 ○△□の色紙を組み合わせて、"なにを作る?" 🙋えっとねー、わかんないや。あ!バナナ🍌がいい。 バナナのほかには? 🙎どうしようかなぁ。 りんごは? 🙍りんごはダメだよっ!しずんじゃうからっ。 どこに沈んじゃうの? 🙌うみ。 じゃあ、このバナナは海にいるの? 🙋うん、そう。あ!やっぱり、ぼく、りんごにするぅ。 そして出来上がったのが、《バナナとりんご》 どうやら、海にいるらしい。 うん、シンプルで明解。すごくいいと思うんだ。 どおりで、青や深い緑の絵具ばかりを使うと思ったら…確かに、海なんだね。 描きたいものに、子供なりのストーリーがある時は、大人の常識は登場させちゃいけないと思うのです。 アトリエでは、"こうあるべき!"よりも、大事なこと。 バナナが果物屋さんにではなく、キッチンでもなく、お弁当箱の中でもなく…、海にいること。リンゴと一緒に出かけたこと。 今までも、可愛らしい 不思議な世界に出会いました。不思議な色の動物や、フルーツ海賊。それから、それから…。🤗 それは、子供たちから生まれる自由なストーリー。子供たちの 話から、ちらりとシッポをみせた "創造力"という名のドラゴンを 私は、その子に質問を繰り返しながら、紙の上に 舞い降りてもらう お手伝い。 ☆きっとそんな時こそ、クリエイティブな世界の扉が、ギギーっと音を立てて開くのだと思うから☆ #watercolor#wasserfarbe#banana#apple#🍌🍎#りんごとバナナ#kidsartist#kidsofinstagram#artwork#kinderatelier#kinderkunst#atelier#instakids#picasokko #childrenartwork#childrenart#kidsart#creativkids#kidsart#アート教室#lifewithkids #お絵かき#5歳#🎨#絵具大好き#5yearsold#子供アトリエ

A post shared by SAKi (@saki_kunst) on


or

ユーザー情報を使用してログイン

or    

詳細情報を忘れましたか?

or

Create Account