「ごんぎつね」でも知られる、新美南吉先生の作品を描いたもの。これを描いた子供の視線であり、同時に小狐の視線でもあるような絵。目の前にいっぱい広がる街の明かり、団欒のあたたかさ、そして雪山のさびしさのコントラストがはっきり際立っています。

0 件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

or

ユーザー情報を使用してログイン

or    

詳細情報を忘れましたか?

or

Create Account